スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしたものかな・・・
昨日、ランスくんカットに行ってきました
全体に短くなった割に耳の毛が長かったかな。。。
なんか、漫画に出てくる格闘家の白髪ロン毛の師範(たいていおじいさん)みたいな髪型だとおとうしゃんと笑っちゃいました
出来上がりは・・・

DSC02399コピー

どアップにしてみると・・・

DSC02402コピー

・・・
うん、
やぱ、どんなでもかわいぃ~ 

親ばかですからいいんです


さて、昨日まで痛み止めのお薬を飲んでいて脱臼しても自力で戻すか私が手を添えてたのですが
今日はランスくんの再再診に行ってきました
脱臼の頻度は多い日は数回、でもまったくしない日もある状態で どんなときになるかというのも
歩いてるだけでもなれば、走ってもならないこともあり ランスの力を入れた加減とかなんでしょうか。。。こんなときになる!というのが特定できません・・・

その旨、先生に伝えたところ、頻繁になるようなら外科的手術をしたほうがいいかもしれませんね・・・とのこと
今は痛み止めを飲んで痛がっていないようだけど、お薬をやめたら痛がるだろうからそれが度重なるならかわいそうかなと・・・
でも手術をしても逆の方向に脱臼する可能性もでてくるし、(ランスは左後ろ足の外側に脱臼するので術後、内側に脱臼する可能性もあるということ)手術することによる痛みがしばらくあるので、同じような症状でもしない仔もよくいますとのことでした。
若いうちはまぁなんとか自力で治せる状態でも10年超えたあたりからびっこがひどくなったり痛みが激しくなる可能性もあるとのことで、手術するなら早いほうが柔軟性もあるし、早く楽にしてあげれるし、家族でよく話して考えてくださいとのことでした・・・


手術はどんな手術になるのか聞いてみました

脱臼する箇所の骨をいったん切り取って、レールになっているところの内側を削って1ミリほど深くしてまたその骨を元の箇所に戻すという手術だそうです
写真の水色の部分が外側に脱臼してそれについてる靭帯も一緒にずれるために痛みを伴うそうなのですが、切り取って削ると言ってるのは左の写真ではその水色の部分の奥の骨です・・・
右側の写真でいうと、水色部分の右側です
DSC02404コピー

帰りの道中で外の景色をうれしそうに見ているランスくんを見てると『こんな小さな仔がそんな大手術を・・・』と切なくなりました・・・

とりあえず、おとうしゃんと相談して決めるのですが、今日から痛み止めのお薬をやめて頻度と痛がり具合をみつつ1~2週間後にどうするか返事を先生にするようになっています。


おとうしゃん・・・どうしようかなぁ・・・
スポンサーサイト
プロフィール

ランスくんのおかあしゃん☆

Author:ランスくんのおかあしゃん☆
トイ・プードルのランスくんを中心に

おとうしゃん、おかあしゃんの生活を

まったりとつづっている日記です^^*



2008年11月22日生まれの
   ランスです☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。