スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心配なのは・・・☆
突然ですが、入院することになりました・・・


明日から・・・というか、もう今日ですね・・・






5月から患ってる 頚椎ヘルニアが一向に治る気配もなく


薬も効いてる感がないので、またまた紹介状を書いてもらい


ヘルニアの名医と言われる先生に診てもらうことになりました。



おかあしゃんは病院に行くので 何かあってもすぐお医者さんいるから


何も心配はないんですが、おとうしゃんも結婚してから こんなに長く


一人になるのはじめてやしなぁ・・・


でもまぁ、几帳面なA型やし、なんだかんだとがんばってくれるでしょう。



何より一番心配なのは ランスくん・・・゚(゚´ω`゚)゚。


おとうしゃんが朝仕事に出るのは7時。


帰ってくるの、早くて夜の9時前後・・・


毎日のことやし、神経質な仔やし 心配で仕方ないよおお(´;ω;`)




私自身、ランスくんに会えなくなることが一番さみしいかな・・・





おかあしゃんもがんばって治療して治ってくるから


ランちゃん、がんばっていい子でお留守番しててね ( ノω-、)




おとうしゃん。


お世話かけますが ランちゃんのこと よろしくお願いします<(_ _)>



スポンサーサイト
カウボーイスタイル☆
おとうしゃんが 広島に行ったとき


ランスくんにおみやげを買ってきた☆


picute20120830183358.jpg



カウボーイのような ハット♪



バンダナもつけて 気分は・・・



picute20120830183943.jpg



あめりかーん((((*ノωノ)




そろそろ 散髪にもいかんとあかんね^^*




いとおしい☆
昨日、引っ越してきて初めて 近辺で獣医さんを探して行ってきました。


また結膜炎がおこって 目やにが出ていたから・・・


こちらの獣医さん、最近移転してきたようで 建物も駐車場も広くてきれいだったので


最近越してきたことを伝え、これからお世話になると思いますと挨拶しておきました。




ランスくんの診察の番です。


結膜炎にはちょくちょくなるんです・・・


なので前回行った時(引越し前の病院で)に出してもらった薬を使ったけど


効かないことを伝え、目薬も見てもらい・・・



先生、診察室の電気を消して人間の眼科で検査するような機械を取り出して


なんか 長い時間 診察しています。


時にはうなり声のような 「ん~」といいながら・・・


そして 部屋の電気を付け 私に告げました。


『この仔、おそらく左目見えてないと思いますよ・・・』









『今までそう感じたこととかないですか?』



私『投げたおもちゃがすぐそばにあるのに探せなかったりしたことが・・・』






これまで 獣医さんには引越族なので 4病院診てもらっており


結膜炎の頻度も高いので どの病院でも診てもらってました。


でもそんなこと言われたの初めてで・・・



先生いわく、『わんこは仕事するわけでもないし、車の運転をするわけでもないので


最低生活に支障はないと思いますよ^^;』とのことでしたが・・・



結膜炎によくなるのも なにかの具合で見えない目がむづがゆかったりして


引っかいたりして傷になることから・・・ということかもしれませんねと。。。



眼底か、視神経に異常があって見えていないんじゃないかとのことでした。


暗闇で左目に光を当てたときに 瞳孔が収縮しません。


右目に当てると収縮します。


右目が収縮した後に 左目に光を当てると今度は収縮しました。


そう教えてもらうと 障害はあっても見えているのでは?と思って聞いてみましたが


『いや~・・・ おそらく見えていないと思いますよ・・・』と・・・


手術とか治療方法はないので そのままですとも言われました。





そのあと、ほかに悪いところはないかな?とあちこち触診してくれたのですが


足の脱臼も 最大ステージ4のうち 今ステージ2ですね とも言われ


ここでもやはり、外科的手術をすすめられました。


そのまま胴体を触診し、腰の1箇所で 


『ここ痛がりますね、たぶん足をかばって 腰に負担きてると思います』と・・・





足の脱臼は、前にそういわれて、こんな小さいのに手術だなんて><と思い


別の病院に行って 大丈夫ですよといわれ


その後、目に見えて脱臼している様子もなかったので(鳴くこともなくなった)


手術しないで済んでよかったと喜んでいました・・・



先生によって 判断が違うのは仕方のないことですが


どちらの意見を聞いたほうがいいのか、とても悩みます・・・






なんだか あちこち悪いところがあって もしかしたら左目見えてないかもと思うと


とても切ないというか、なんともいえない気持ちで・・・



それでも本人(ランス自身)はとっても元気で 


よそのワンコたんたちを見ると 遊びたい遊びたい><って クぅ~ンって鳴いて


私の腕から今にも飛び降りんばかりの勢いで・・・w


診察中も先生の手をなめたり、うでに抱きついていったりと


愛嬌振りまいて・・・w




ますます愛おしさが増してきて 改めて ランスくんのことは


なにをほおってでもお母しゃんが守るからね><と思いました・・・





いつもお父しゃんとも言ってることですが


おそらく私たちよりも先に逝ってしまう寿命のランスくん。


ただのペットという人もいるかもしれませんが


子供がいない私たちにとって ランスはほんとに子供と同じ・・・



そのときを思うと今から耐えられない気持ちになります・・・


夫婦そろってペットロスになること間違いなくて どうしょう・・・



そんなことを思っても仕方ないので ランスくんの一生を


絶対的幸福でいっぱいにしてあげることが一番だなぁと決意を新たに。




ランちゃん。


おかあしゃんもおとうしゃんも 誰より何より あなたを愛しているからね^^


お空に帰るその日まで できるだけ長く私たちと一緒に過ごしてね^^



2012春☆
今年の春も引越がありました☆


今度は同じ和歌山県内の橋本ですね~


引っ越した翌々日にはおとうしゃん着任という毎度のハードスケジュール・・・w


なので、引越しの片付けはKANANA担当だったわけですが結構疲れましたねw


ようやく 新しい環境にもなじんできたころです(*´ェ`*)



新しい土地ではどこに何があるかわからないので

引越し前に ランスくんもトリミングに行ってきたんですが

今回伸びすぎた?www

3月末カット前

モフモフくんですwwww  でもかわいかったあああ><bb



おとうしゃん、おかあしゃんのご飯を

ぼくも食べたい

食べたいけど、眠い・・・みたいな////w




春は『春眠暁を覚えず』という言葉があるように 暑くも寒くもなく

心地いい眠りの季節ですよねw

ランスくんも同じようです(*´ェ`*)

ということで ランスくんの眠り特集♪




しゃむいでしゅ

お布団からでたくなーい><


らいおんしゃんと

らいおんしゃんと遊んだあと、くわえたまんま寝てます(*/∇\*)



あらわな姿

そんな足ひろげてえええ(((( *ノノ) キャーwww



えっくす

X!!ってやってますねw


(/。\)ハズカシイ

かわいくて 頭なでなでとか、お手手とか触っちゃうと恥ずかしがります?wwww



すやすや

ちゅ♪ってしたくなるほど かわいい寝姿(*´ェ`*)ポッ



たまにはわんこらしく


わんこらしく

丸くなって寝てます^^




ランスのいない生活が考えられないおとうしゃんとおかあしゃんでした~





おまけ☆


KANANAのお友達みーみたんが中国から一時帰国の際に遊びに来てくれました♪


みーみたんと


お花見


近所の公園にお花見がてらお散歩に~


お花見2


桜の遊歩道を進んでいくと 街が一望できる小高い山で


風が吹くと桜吹雪がとてもキレイでした~^^



みーみたん、遠いところきてくれてありがとうねー^^*


母さんの七回忌☆
こんばんわ(*´ェ`*)


母さんの七回忌も無事に終わり、朝早かったので帰って来たら

寝てしまってましたテヘ(つω・*)w



実質まる6年前に亡くなった母さん。まだ50代でした。

その前からずっと病気で寝たきりだったのですが 

手術をすれば元気に歩けるようになるかもしれない・・・

もちろん、可能性の話であって 歩けるようになる保障はなかった。

でも母さんは『いまのように寝たきりでは死んでるのも当然』と

手術の決心をして 手術したのですが、その半年後に他界しました。

痛い思い、つらい思いをしただけだったなぁ・・・とよく泣いたものでした。



子供のときから よく大人の人に褒められるときに

『お母さんの育て方がいいんやな^^』と言われたのがとても誇らしかった。

実際の母さんは典型的なB型でわがままだったので 

O型の私には苦労もありましたがwwww

介護のヘルパーの資格を取ったのも母さんのためだった。

でもその資格を取りに行くために出かけるときさえ 

『そんなの取りに行かんでいいから 一緒にいててよ』と言われたこともあった。

残業してると『早く帰って来て』と電話がかかってくることもあった。

実家から車で1時間くらいのところに嫁ぐことになったとき、

『そんな遠くの男と一緒になることなんかゆるさん』とも言われた。




いっぱいわがままや無理難題言われたけど、いつだって私の幸せを一番に願ってくれたいた。

わがままも一緒にいてほしいというわがままが多かった・・・



病気の家族がいると 家族もほんとうに大変なことが多いけど

それでも一番つらく大変なのは病気の本人。

私も若かったので もっともっとやさしくしてあげればよかったと

ずっと後悔が残っています。。。


その様子を知ってる友達は 

『KANANAはよくやったよ』そういってくれるけど

自分ではもっとできたのにと とても思いました。


今ならもう少しやさしくしてあげれたかもしれないのになぁ(*´ェ`*)



母さん、今は痛いことはないですか?


私たちの心配しなくていいからね・・・


みんなが母さんのことをいっぱい思い出した1日だったので

淋しがりの母さんも喜んでくれたかな・・・



プロフィール

ランスくんのおかあしゃん☆

Author:ランスくんのおかあしゃん☆
トイ・プードルのランスくんを中心に

おとうしゃん、おかあしゃんの生活を

まったりとつづっている日記です^^*



2008年11月22日生まれの
   ランスです☆

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。